旨さが跳ねる旬の味 福島活きくるまえび

「福島活きくるまえび」とは

かつては秘境と言われていた、佐賀県との県境、伊万里湾に浮かぶ福島。農漁業の町、福島には棚田が多く、福島北西部の土谷地区は棚田と沖の飛島に沈む夕日が美しくカメラ愛好家にとっては、絶好の撮影ポイントとして知られています。
また、5万本ものツバキが群生しており、 通称ツバキ島とも言われています。
そんな福島の自然の入り江を利用した広大な養殖場で丹精込めて育てているのが「福島活きくるまえび」です。
漁場の点検、えさの研究、えびの成長に細心の注意をはらい、旨みと甘みたっぷりの活きのよい「福島活きくるまえび」として、自信を持って全国の皆さまにお届けします。

松浦の鷹ふく

福島活きくるまえび

青島かまぼこ

このページの先頭へ